製品・ソリューション PRODUCTS&SOLUTION

FUJITSU Enterprise Application AZCLOUD SaaS teraSpection

概要

AZCLOUD SaaS teraSpection(テラスペクション)は、工場、社会インフラをはじめ、ビルやマンション、建設現場などの設備点検業務に対し、タブレットを用いて現場業務で必要な情報の参照や、点検結果の記録ができるクラウドサービスです

特長

1.点検項目の編集から報告書の作成までを現場で完結

点検項目は事前登録だけでなく、現場でも編集が可能なため、急な点検内容の追加や変更にも素早く対応が可能です。入力した点検情報を基に報告書を自動生成します。

2.位置に紐づけた点検履歴管理と情報共有

設計図などの背景画像上に、位置と紐づけた「ピン」を設定し、点検内容や異常箇所情報の登録、関連部門との共有が可能です。点検項目やステータス管理区分など、お客様独自の「ピン」を追加することができ、視覚的に作業状況の把握が可能です。

3.クラウドに蓄積された点検データの利活用

写真や動画に情報を付加することができ、担当者間で正確な引継ぎが可能です。過去の点検記録や障害状況を簡単に検索でき、過去事例を活用した故障個所の分析やスピーディーな対応が可能です。

4.充実したアシスト機能で点検業務をサポート

ピンに設定する「アラーム機能」により、点検作業の漏れや部品交換時期の忘却などのリスクを軽減します。「トレンド表示」により、過去の点検値を表示することができるため、数値入力時に異常の発見が可能です。

機能

1.画像データの暗闇補正

株式会社富士通研究所の「画像鮮明化技術」の活用により、地下などの暗い場所や屋外の逆光で撮影した画像の暗闇補正・鮮明化が可能になり、点検精度の向上を図れます。

2.トレンド機能

トレンド機能は入力項目単位に過去の記録結果を参照できる機能です。検針業務では、対象機器の異常認知や、読み取り情報の妥当性確認にご利用いただけます。

3.手書きサイン機能

入力項目として「手書きサイン」を記録することができます。記録者の本人確認や、上長の確認サイン入り報告書作成等にご利用いただけます。

製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

お問い合わせ

ページの先頭へもどる