製品・ソリューション PRODUCTS&SOLUTION

工事現場災害事例と対策 DVD 3 - 日揮社内で使用している安全対策教材

概要

日揮株式会社(以下JGC)では、国内建設工事/シャットダウンメンテナンス工事の現場で過去に発生した 災害事例を現場の社内安全教育資料として製作しました。
コンピューターグラフィック(動画)にて再現し、約50分のDVDに収め一般向けに販売いたします。

JGCの安全管理部門が社内向けに製作し、実際にJGC及び関連会社員が日々利用している教材です。災害事例を確認することは、類似災害の防止はもとより安全意識の高揚として大きな教育効果が期待できます。

内容

好評をいただいております災害対策DVDの第3弾が完成しました。

今回のテーマは、災害原因の大きな要因とされる「ヒューマンエラー」を取り上げました。災害発生の多くは、本人の不注意である「ヒューマンエラー」が原因であると、安易に片づけられるケースも少なくありません。
そして、事故・災害は「本人の故意」によって引き起こされるものではありませんが、このDVDでは、社内で発生した災害事例をもとに「どこに、どんなヒューマンエラーがあったのか」を分析しています。

DVDの使用方法は、先ず起動し、「はじめに」が表示されます。これをクリックしますと、効果的な教育への使用方法を解説します。


丸ノコ

被災者は丸ノコで角材を切断していた。休憩時間となり、作業する手が早まっていった。あと僅かで丸ノコの歯が角材にせってしまいあわてて外そうとした。

アスファルトの溶解釜

建屋屋上で防水工事を行うため、溶解釜にアスファルトを入れバーナーに点火した。ルーフィングを敷く準備作業に気を取られ、釜の温度は次第に加熱して黒煙が立ち上がった。

アスファルトの溶解釜による災害イメージ

熱交換器の据え付け作業

作業指揮者はチェーンブロックを使用して、熱交サドルに玉掛けワイヤーを掛け次第に荷重を掛けて行った。動くはずもないワイヤーを掛けていたサドルが転倒して作業指揮者の足に倒れて大けがを負った。原因は思わぬところに波及・・

熱交換器の据え付け作業による災害イメージ

パスボックスの運搬

室内にパスボックスを搬送する作業での台車2台を使用、後部の台車が沓ずりで止まり、ボックスだけが床に滑り落ちた時、手を引くのが遅く右薬指を挟まれて負傷。

パスボックスの運搬による災害イメージ

電気ドリル

サポート鋼材の加工作業をしていた。しかし、穴の芯が外側にずれていることに気がつき、右足で鋼材を押さえて電気ドリルを上下にもみ始めたところ、ドリルの先端が穴から抜け、余力で右足の甲に刺さった。

電気ドリルによる災害イメージ

梯子の昇降

被災者は休憩のため梯子を昇りはじめた。2mのところで突然足を滑らせて地上に転落した。グループKYでは「墜落防止対策」をしっかり確認していたが、使用するはずの安全ブロックが使われていなかった。

梯子の昇降による災害イメージ

タンク足場すき間から転落

タンク側板の取込み後に雨養生のシートを取りつけていた。被災者はクランプ取り付けにより、片足は足場に、片足は側板の横さん掛けていた。足場に戻ろうとした時、足を滑らせて3m下に転落、当日は痛みもなく自宅に帰ったが、時間の経過とともに腰に痛みを感じ、次第に激しさを増していった。

タンク足場すき間から転落の災害イメージ

配管の移動

長さ6m、6インチの配管230kgを4名で地上を移動中、突然、上を向いていたエルボが横に倒れて回転し、1名が配管のすき間と土間の間に右手先端を挟み、中指と薬指を骨折。少々きついが作業指揮者は「何とかなるだろう」と過信した。

配管の移動による災害イメージ

キャタピラの変形

杭打ち機を移動中、キャタピラが養生鉄板に噛みこみ変形した。ハンマーで叩いたがもとの状態に元に戻すことができず、作業者はキャタピラの自重で変形を直そうと判断して鉄板上にハンマーを置いた。変形が戻ったかを確認しようと、杭打ち機をバックさせたところ、ハンマーが突然飛び出して被災者の足に激突して大けがを・・

キャタピラの変形による災害イメージ

導入実績

建設業・エンジニアリング業・石油精製業・製造業等

収録時間

48分35秒

価格

標準価格 50,000円(税抜)

製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

お問い合わせ

ページの先頭へもどる