製品・ソリューション PRODUCTS&SOLUTION

BEStPRO smart-実行予算管理
建設業の月次原価実績を把握し決算予測精度が向上する

概要

「BEStPRO smart-実行予算管理」とは、FETECが提供してきました建設業向け原価管理システム「BEStPRO-原価C3(シーキューブ)」よりエッセンスを抽出した新製品です。
建設業の月次原価実績を把握し決算予測精度が向上します。既に購買システムをお持ちのお客様も、決算時における予測原価の精度向上をご希望のお客様にも最適です。

こんな課題を解決します

  •  原価管理手法が統一されていない。
  •  実行予算は紙やエクセルで管理している。情報の集計に時間がかかる。
  •  設計変更に伴う予算書の修正が行われないので、最終損益を把握できない。
  •  定期的に予実を報告する方法が統一されていないので、予測精度が上がらない。

      1. 工種体系の標準化により、管理帳票の統一化を実現
      2. 予実管理を分かりやすく見える化
        実行予算情報の集約を実現
      1. 実行予算の変動を一元管理
        損益予測変動の早期把握を実現
      1. 予算変更、未計上原価発生時の変動に早期対応
        月次報告書の集約を実現
      1. 統一された月次報告書で、決算予測精度が向上

    特長

    実行予算書作成業務の効率化

    エクセルのような操作性で実行予算書作成業務を効率化します。実行予算書の版管理、雛形/積算システム/過去データの取り込み、工種マスタからの予算体系作成も可能です。


    月末支払業務の効率化

    実行予算書を元に協力業者への注文情報を登録することができ、その内容に基づき月末の査定情報を登録します。月別出来高一覧表を出力することが可能で、月末の支払業務負荷を軽減します。


    最終見込原価の予測精度の向上

    実行予算書の工種金額と出来高査定情報が原価台帳に連携され、今後支払予想を補正することで、最終見込原価の予測精度が向上します。

    柔軟な原価管理単位の設定

    工事番号/工事枝番号/予算番号の三階層で原価を集計することができ、追加変更工事の予算履歴管理や、変更分のみの予算書作成、少額工事の集約管理等が可能です。


    画面イメージ

    製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

    お問い合わせ

    ページの先頭へもどる