製品・ソリューション PRODUCTS&SOLUTION

標的型攻撃メール対策訓練サービス

- 高度化・巧妙化する手口に惑わされないために

概要

サイバー攻撃でよく用いられる手法「標的型攻撃メール」その手口は高度化・巧妙化してきており、業務上で必要なメールであるかの見分けがつきにくいことが多く、従来のアンチウィルスソフトやメールフィルターで検知できなくなってきています。メール利用者の理解や意識をいかに高めるかが重要なポイントとなります。


メール利用者の対応力・免疫力を高めるために、疑似攻撃メールによる訓練を実施するサービスをご検討ください。


本サービスは、標的型攻撃メールへの対応レベルを上げることを目的とし、疑似攻撃メール送付による対応シミュレーションを行います。メール利用者のセキュリティ意識を向上させ、標的型攻撃メールへの対応力・免疫力を高めます。


標的型攻撃メール:
特定の組織やグループをターゲットとして攻撃メールを送付し、添付ファイルやリンクを開かせることによりマルウェア感染をさせるもの。結果として組織内部のPCやサーバから技術情報や顧客情報等を盗み出す。

サービス内容

      事前準備
    1. 実施環境の調査・テスト、お客様のセキュリティ対策状況により別途対応が必要となる場合があります。
      注意喚起
    1. 社内掲示板、社員通達等により注意喚起、実施宣言を行います。
      疑似訓練メール配信
    1. 1 回~複数回を実施します。
      アンケート実施
    1. 必要に応じて利用者の意識状況を収集します。
      結果集計
    1. 開封状況の推移集計、アンケート結果の集計をご報告します。

サービス価格例

価格:120万円(税抜)~
人数:400人~

※簡易サービス:擬似訓練メール配信1回、アンケートなし
なお、本サービスは訓練対象人数、疑似メール配信数、訓練期間などにより柔軟に対応可能です。 ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせください。

※記載内容は2016年1月時点のものです。記載内容は予告なく変更することがあります。最新の情報につきましては、お問い合わせください。

製品についてのお問い合わせは、以下リンクよりお願いいたします。

お問い合わせ

ページの先頭へもどる