ニュースリリース NEWS RELEASE

【復興支援】PLANTIA for SaaS(設備保全管理システム)を無償提供いたします

この度の東日本大震災により被災された皆様に、社員一同心よりお見舞いを申し上げます。
皆様の安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

日揮情報システムは、東日本大震災で被災された企業様及び自治体様向けの復興支援として設備管理システムのクラウドサービス「PLANITIA for SaaS」を無償提供いたします。

PLANTIA(プランティア)は、工場の設備、ユーティリティなど、あらゆる現場機器の保全業務を包括的に管理することが可能なシステムソリューションです。
2009年6月より提供を開始いたしましたSaaS版は業種を問わず、広くご利用いただけます。

想定される活用シーン


公共設備の維持管理
公民館・役所・体育館・学校・図書館・集会所・プール・公営住宅などの公共設備などの建物・施設・設備・什器の維持管理・長寿命化・評価など
廃棄物焼却施設・下水道処理施設等の公共設備の維持管理・劣化評価・長寿命化など
保守契約などの契約管理
サーバーなどのIT設備の保守契約の期間・更新時期などの一元管理
納入設備の保守管理
自社製品・自社施工設備のメンテナンスフェーズにおける情報管理・営業提案の道具として
病院設備の維持管理
病院の設備機器の点検・検査・維持管理に
運輸機器の維持管理
トラック・タンクローリー・タンカー・船舶などの定期検査・補修の管理に
ユーティリティ設備管理
ボイラー蒸気設備・自家発電設備など生産を支援する設備の維持管理

上記のほか、あらゆる機器のメンテナンス業務にご利用いただけます。
設備保全に関するデータの一括管理のほか、機材管理のメンテナンス台帳としての使用も可能です。

シンプルなシステム構成


機器台帳/保全周期/保全計画/保全履歴修理案件管理と5つのサブシステムのシンプルなアーキテクチャで、各企業特有の業務フローに適合させやすい設計です。
現場のノウハウを最大限に活かした保全業務の遂行をサポートできます。

提供内容

1企業・団体あたり5ユーザーID
※詳細はお問い合わせください。

提供期間

2012年3月31日まで。ただし、復旧状況を考慮し個別に決定
※詳細はお問い合わせください。


ページの先頭へもどる