J-SYSについて ABOUT J-SYS

コンプライアンスプログラム

1.経営ビジョン

日揮情報システム株式会社は、情報技術(IT)を活用して顧客の業務、事業、ならびに経営効率の向上、改善、さらには新しい価値創造を、効果あるソリューションと支払に値する価格で顧客のビジネススピードに合わせて実現することにより、顧客の事業活動に貢献する自働的プロフェッショナル集団である「ビジネスバリュー・エンジニアリング」企業を目指す。

そして、事業活動の展開にあたっては、

  • 顧客中心(「クライアントインタレストファースト」)
  • グローバリゼーション(海外リソース活用)
  • 機敏さと活力

のキーワードを大事にし、ITビジネスにおいて顧客ニーズに対して効果的なソリューションを提供することにより、高い顧客満足度を得るとともに、適正な利潤を生み、従業員、株主、ひいては社会に貢献することをミッション(任務)とする。また、当社の事業を発展させることにより、3年以内にIT事業を日揮グループのビジネスユニットとしての地位確立を目指す。

2.日揮グループの基本理念

日揮グループは、「エンジニアリング業をコアとするグローバルな企業グループとして永続的発展を目指し、世界経済と社会の繁栄ならびに地球環境の保全に貢献する」ことを企業理念とし、

「共有する価値観」

この企業理念の具現化のため、先ず始めに日揮グループの役員・社員一人一人が、次の4項目を深く認識のうえ、日揮グループの価値観として共有することを基本として、
  • 1.判断基準:高い倫理観と法令順守
  • 2.行動基準:公正で透明性のある企業活動
  • 3.企業風土:進取の気風と自由闊達
  • 4.べクトル:顧客満足と社会的信用の確立ならびに社会との共生による社業の発展

「経営方針」

これら共有する価値観に立脚して、次の経営方針のもと、優れた技術に基づく永続的なサービスと製品の提供に努めます。
  • 1.適正利益の確保と永続的成長の実現
  • 2.総合的技術力の強化とイノベーティブな技術の開発・確立および垂直統合と水平拡大志向による事業の創造・展開
  • 3.将来を見据えた経営資本の集積と活用
  • 4.能力と活力を引き出すフェアな人事施策

「責務」

また、日揮グループは、エンジニアリング業をコアとするグローバルな企業グループとして、われわれが負っているSocial Responsibility(社会的責任)を強く認識しながら、企業価値の向上と企業理念の実現に努めます。
  • 1.地球環境保全ならびに社会に役立つ事業活動
  • 2.誠実なアカウンタビリティー
  • 3.公正取引と共生
  • 4.株主の信任

3.日揮グループ行動指針

日揮グループが永続的に存続し更なる発展を遂げるためには、役員・社員一人一人が明確な行動指針を持ち、これら行動指針に則って日々の行動にあたることが必要です。日揮グループは、その「共有する価値観」に基づき以下の行動指針を採用することにより、日揮グループが長期的に安定的な経営を続けグループの基本理念を実現することができると信じます。

1.判断基準:高い倫理観と法令順守
高い倫理観をもって自らを律し、良識をもって行動する。
関係法令をよく理解し、順守する。
2.行動基準:公正で透明性のある企業活動
公平、誠実で透明性のある企業活動を心がける。
取引先とは健全な関係を維持する。
3.企業風土:進取の気風と自由闊達
旧弊に囚われない進取の気風をもち、過去の延長線ではなく、常に変革と改善の意識で行動する。
目的達成意欲を高く持ち、個人の能力とチームワークの強みを最大限に発揮する。
自由で闊達な討議とコミュニケーションを通じて、組織の叡智を集約する。
4.ベクトル:顧客満足と当社の社会的信用の確立ならびに社会との共生による社業の発展
誠実な行動と十分な情報提供により、顧客や株主の信頼を得る。
顧客のニーズをとらえた信頼されるサービスと製品の提供を心がける。
社会の繁栄と社業の発展は表裏一体であることを認識し、社会との共生に心がける。

4.行動マニュアル

日揮情報システム株式会社の役員・社員その他日揮情報システム株式会社で働くすべての者は、日揮グループの基本理念をよく理解しその実現を目指します。また、日々の業務を遂行するに際し、また企業人として行動するにあたっては、一人一人が高い倫理観のもと、次の行動マニュアルを順守します。

1.関係法規を理解・順守のうえ公正で透明な取引と活動を行います。
取引・協力先とは、互いの立場を尊重し対等な関係に基づいて公正な取引を行います。
営業活動は、入札談合その他不当な取引を行わず、すべてのお客様に対し、フェア(公平)とインテグリティー(誠実)を旨とします。
業務遂行に際しては、労働、安全・衛生その他関連業法の順守に留意します。
2.従業員の人権を尊重します。また、健全な職場環境を維持します。
従業員の基本的人権を尊重し、国籍、人種、宗教、性別、年齢、身体障害、その他業務を進めるうえで関係のない非合理的な理由で、従業員を差別しないよう注意します。
健全な職場環境を維持し、いやがらせ、セクシャルハラスメントなどが無いよう注意します。
3.地域社会への貢献と環境保全に努めます。
地域社会との連帯と協調を図り、良好な関係を維持することにより、地域社会の一員としての責任を果たします。
事業活動を行うにあたり、環境汚染を防止し、自然との調和を図ることにより、健康的な社会の環境づくりに貢献します。
4.反社会的勢力とは関係を拒否します。
暴力団その他反社会的勢力からの要求は断固として拒否します。
また、これら反社会的勢力を、いかなる場合でも問題解決に利用しません。
5.政治・行政とは透明で公正な関係を保ちます。
政治家や公務員とは透明で公正な関係を維持します。
政治家や公務員に対し、不当な経済的利益の供与は行いません。
6.公私を区別し、会社の利益に反する行為は行いません。
業務に私的な利害関係を持ち込みません。
会社の財産を私的に利用しません。
私的に会社と競合する活動を行いません。
7.取引先とは節度ある関係を保ちます。
顧客や取引・協力関係先との取引を通じて、いかなる個人の物質的利益を得るような背信行為はいたしません。
8.節度ある贈答・接待に努めます。
取引先またはその役員・従業員から通常のビジネス儀礼の範囲を超えた贈答・接待を受けず、また要求しません。
取引先またはその役員・従業員には、取引先の倫理・コンプライアンス方針を尊重し、実施する場合でも通常のビジネス儀礼の範囲を超えた贈答・接待は行いません。
9.情報管理と知的財産権の保護・尊重に努めます。
会社の秘密情報が漏洩することのない様厳しく管理し、認められた業務以外の目的に使用しません。
顧客やライセンサー、その他の取引先から入手した情報の管理を徹底します。
コンピュータソフトウェアの不正使用など、第三者の知的財産権を侵害しないよう注意します。
10.インサイダー取引は行いません。
親会社、顧客、取引先等に関するインサイダー情報に基づいて、これらの株取引は行いません。

ページの先頭へもどる